防災について

避難する場所を知っていますか?

自宅が倒壊や火災によって危険であるときは、避難場所まで避難しましょう。

自宅

いっとき避難場所1次避難場所
避難の必要があるときは、当該の組の会員達が話し合って決めた、「安全で集まりやすい場所」にひとまず行きましょう。
ただし、状況によっては、いっとき避難場所を経由せず直接、下記避難場所に避難する場合もあります。

倒壊や火災により自宅で生活できなくなった場合
地域防災拠点小雀小学校
市内1箇所でも、震度5強以上の地震を観測した場合に開設します。避難生活を送る場所です。
避難者が一時的に生活するための最低限の食料・水を備蓄するとともに、救助活動に必要な資機材などを整備しています。

地域防災拠点の主な役割

①避難場所
②最低限の水と食料の備蓄
③安否情報・被害情報・救援物資情報の収集・伝達場所


自宅に居住でき、避難の必要が無い被災者(在宅被災生活者)も、地域防災拠点で、物資や情報が得られます。

防災に関する、次の三つの言葉が分かりますか?

1.「一次避難場所」って何?
2.「広域避難場所」って何?
3.「地域防災拠点」って何?