横浜型地域貢献企業として㈱長野工務店が認定される

2014年05月10日

地域を意識した経営や、地域貢献の視点で社会的活動などに取り組む企業が認定される「横浜型地域貢献企業」。

13年度後期には新たに35社が認定され、認定企業は計287社となった。

戸塚区からは㈱長野工務店(小雀町、長野真行代表取締役)、を含め2社が認定を受け、3月24日に横浜市副市長から認定証を授与された。

株式会社長野工務店

土木工事や水道、太陽光事業などを手掛ける同社は、今年で創業100年という節目を迎えた。
朝礼前に同社周辺の公道を全社員28人で1時間清掃する活動を月に4回行っているほか、犯罪の抑止や子どもの見守りなどのための青色防犯パトロールにも参加している。
定期的な活動だけでなく、2月の大雪の際には、バス停から同社裏手にある病院までの雪かきを実施したり、吸殻などのゴミを日常的に拾ったりもしているという。
「近所の方からは『ごくろうさま』と声をかけられることもある」と相楽浩一部長は笑顔を見せる。
認定を受け、長野代表取締役は「日ごろから地域への貢献活動を心掛けている。今後も活動を続けていけたら」と話していた。
(タウンニュースより)