「ぐるーぷ・ちえのわ」からのお知らせ

2016年06月10日

小雀町・原宿町を中心に活動をしている、ボランティア団体「ぐるーぷ・ちえのわ」は、障がいのある人もない人も、共に生き生きと活動ができる場を作りたいという願いから、30年前、小雀小学校の個別支援級の子ども達、親御さん達、地域の人達とのつながりの中から生まれました。

名前の由来は、その学級に在籍し、3年生の時に重い病から天国に召された「ちえちゃん」を囲む「輪」から来ています。

現在、大家さんのご厚意で小雀町に3軒の貸家を廉価でお借りし、「ちえのわホーム」を運営しています。

そこでは、子ども達の学習支援、障がいのある子ども達の余暇支援、不登校の子供たちへの支援などを行っています。

草木染や、さをり綴りなど、大人の方たちも楽しんでいます。

毎年7月に原宿地域ケアプラザで、ちえのわまつりというイベントを行っていますが、今年はちえのわ誕生30年を記念して、ちえのわを支えて下さる地域の方々に改めて感謝の気持ちを表す「ちえのわまつり」にしたいと計画中です。

バザーなどもありますので、ぜひ、遊びにいらして下さい。

日時 7月16日(土)13:00~15:30

場所 原宿ケアプラザ

内容 ショータイム(大道芸人アスカ)、バザー、遊びの集いなど