新年あけましておめでとうございます。

2017年01月09日

小雀町内会長 福井和巳

謹んで新年のご挨拶を申し上げ、併せて町内各位のご健勝ご多幸を祈念申し上げます。

昨年は皆さんのご協力によりまして、町内会が計画した各種行事を実施することができました。

ここに厚く御礼申し上げます。

穏やかな元旦を迎え、昨年に引き続き6時58分小雀町の通称「大塚」で、鎌倉アルプスの左方から上がる初日の出を見て、その帰りに反対側の丘から朝日が当たり雲1つない冠雪の富士山を見て、平和な1年を記念して帰宅しました。

本年も活気ある町内会を目指して取り組んで参りますが、活気の源は、各位からの意見の反映に努めることでございます。

年頭からのお願いで恐縮ですが、次のことを考慮してご意見やご協力を寄せられますようお願い致します。


町内会に加入していない世帯が、約3分の1ほどあります。
小雀町内会は、1400世帯弱の会員を1~54組に分けて68名の理事、そして現在21名の役員で運営しています。
会員1400世帯弱なのですが、小雀町内の世帯は2000ですので、加入していない世帯が多くあります。
2世帯同居の家庭が多いという地域特性があるとはいえ、未加入の方が多いことを理事の方は念頭に置いて、「小雀だより」を未加入世帯に配布するなどして、加入を勧めて頂きたいと思います。


災害時には、隣近所の普段のお付き合いが大事だと思います。
特に高齢者等で援助が必要な家庭は、予め隣近所の方に知っておいていただくよう努めてほしいと思います。


昨年は、九州熊本の大地震、日本列島を縦断し北海道まで上陸する複数の台風、そして暮れに糸魚川の大火と、何れもどこにでも起こり得る災等がありました。
小雀町は津波を受ける恐れは無いものの、どのような災害が発生するかわかりません。
小雀小学校が防災拠点となっていますが、まずはどの位の備蓄や防災機器があるのか?
防災訓練等を通じて知っておいてほしいと思います。


町内会では、役員や様々な委員等を求めています。
お誘いした時は積極的に応じて下さい。
役員をやってもいいよと思う方、自薦、他薦を問わず適任と思われる方が近所にいらっしゃいましたら、役員までお知らせください。
町内会では、役員以外にも県や市から推薦を依頼される委員(民生児童委員、スポーツ推進委員、青少年指導委員)等の推薦を求められます。
一度役員をやってみませんか?


一度やってみますと会合等が負担となりますが、他の所用と重複した時は欠席して良いのです。
新たな付き合いの中から、今までとは違う世界が見えてくると思います。
町内会の主なものとして、区役所等への要望書、さわやか運動、町内会レクリエーション大会等があります。
個々の行事等について、様々な意見を頂きたいと思います。
大きな問題から、ささいな問題まで忌憚のない意見をお寄せ下さい。