保護猫施設をオープン

2018年10月10日

Maison arc-en-cielとは?

フランス語で、「メゾン」は家、「アルクアンシェル」は虹という意味です。

人と猫の架け橋になれたらと願いを込めて、この名にしました。

2018年2月より「ちえのわ」の敷地内に猫の保護活動を目的とする保護猫施設をオープンしました。

どんな猫でも保護してくれるの?
残念ですが、全ての猫を保護することはできません。
昨今家庭のみならず、保護猫施設での多頭崩壊が問題となっています。
沢山の命を助けたい気持ちが悲しい結果に繋がっています。
アルクではより長い期間に渡り、沢山の猫を幸せに送り出すために野良猫などのレスキューはおこなっていません。

野良猫で困ったときは?
戸塚区では、横浜市で初めて行政による野良猫「TNR活動」を「とつきゃっと」と命名して行っています。
野良猫でお困りの事がありましたら、私たち「アルク」または区役所生活衛生課にご相談ください。

飼い主のいない猫を減らす活動「TNR」とは?
T(Trap)・・・捕まえる
N(Neuter)・・・不妊去勢手術をする
R(Retern)・・・元いた場所に戻す
+M(Management)・・・地域猫として管理する