特殊詐欺、空き巣狙いに充分注意を!

2020年02月09日

空き巣被害

戸塚警察署管内で、ここのところ1カ月に15件の空き巣被害があったそうです。
犯行手口から、4つのグループが存在しているそうです。
くれぐれも注意して下さい。
町内でも過去に多くの家が空き巣狙いの被害に遭っています。
そのほとんどの場合が、家の周囲に背の高い生け垣やブロック塀があり、潜んでいる犯人が外部から見えない状態でした。
そんな家を好んでいるようです。

特殊詐欺被害

相変わらず特殊詐欺被害が発生しています。
相手が警察官、銀行員や役所職員をかたっても、カードは絶対渡さない(というよりも見せない)こと。
そして暗証番号は口にしない(話さない)ことを徹底してください。

最近多いのが「カードをこの封筒に入れ保管してください」と言って用意してきた封筒に入れさせ、印鑑が必要と言って取りに行かせたちょっとした隙間に別のカードと交換して封をして保管させるという手口です。

警察官・銀行員や役所職員がカードを取りに来るということは絶対ないので、詐欺と考えなければなりません。

今年に入り小雀町・原宿において百貨店をかたり「あなたのカードが不正に使用されている」という電話で被害があったそうです。

このように犯人はいろいろな騙しの手口を考えて電話をしてきます。
少しでも変だと思ったときは、必ず誰かに相談してください。

特殊詐欺戸塚

交番速報 戸塚