小雀バス4月1日からダイヤが改正

4月1日からダイヤが改正されます

昨秋「小雀バス」に関するアンケートを実施しました。ご協力ありがとうございました。
皆様から頂いたアンケート結果を基に、4月1日からダイヤ等を見直します。

① 利用者の増加を図るため夜便を復活します。

夜便の復活は「小雀バス」を通勤・通学で利用する方が多い時間にも運行する必要があるためで、これにより今まであった夕方便の一部がなくなります。

これは採算の取れていない「小雀バス」を存続させるための、やむを得ない方法であることを理解すると共に、運行時間に合わせた外出の計画を立てて頂きたいと思います。

また、通勤・通学利用者の利便性を考えて定期券の販売も開始します。

② 昼便を医療センターまで延伸します。

アンケート結果から、原宿方面への延伸の希望が多くありましたので、昼便の医療センター経由を実施します。
これにより、医療センターや原宿商店街・戸塚や藤沢方面への乗り換えが便利になります。

一部の地域(辻~原宿団地北)からは大船駅に行くのに時間がかかりご不便をお掛けしますが、ご了承ください。

③ バス停を増やします。

アンケート結果から、自由に降車できる区間を設けることを検討しましたが、「小雀バス」路線は道路が狭く一部区間のみに限定されてしまうことが判明しました。
そこで、バス停を増やすことで利用しやすくしました。

新設されるバス停……テニスコート前(山谷方面行き)・辻(みやま通りから影取へのT字路)・原宿団地南(12号棟前)・原宿団地北(2号棟前・ハートケア前は交差点で危険のため廃止)・横浜医療センター前(医療センター玄関前)・賽(さい)の神(かみ)(大門自治会付近)
名称変更されるバス停……小雀公園入口(大船駅行き) → テニスコート前

④ 大船駅西口への発着の要望

アンケートでは大船駅西口への発着の要望もありましたが、検討した結果、現時点ではバス停の設置が困難なため、今後の課題とさせていただきます。

ダイヤ改正後のパンフレットを配布します


★すべての時間帯で時刻が変わっています。
よく確認して利用しましょう。

配布するのは、「小雀バス」路線近傍の世帯のみです。
それ以外の世帯でパンフレットを必要とされる方は小雀西地区交通対策委員会(または 町内会役員)まで申し出てください。

2022年2月の小雀バス乗車人数


寒い日が続いたため?
2月は寒い日が続いたためか利用者はのべ753人、1日あたり最多で54人、最小が28人、平均で約42人でした。
このうち回数券利用者は307人で全体の40.8%、販売数は26冊でした。
お昼の便は、大船駅11時発、小雀浄水場11時35分発が比較的空いています。
3月に入り気温も上がってきましたので外出の機会を徐々に増やしていきましょう。

協賛金へのご協力ありがとうございました。

7組 株式会社 古河塗装 様
2022年1月 法人協賛会員としてご協力くださいました。誠に有難うございました!

143 views
こすずめ町内会

地縁法人小雀町内会
横浜市戸塚区小雀町1193