小雀バスより「10月の利用状況」

小雀西地区交通対策委員会 委員長 團野勝美  委員 福井和巳 大山敏

10月の利用状況


お陰様で少しずつではありますが利用者が増加しています。
日別の乗車数で見ると50人に満たなかった日は3日間で、60人を超えた日は10日ありました。
最大利用者数は78人で、これは現在の運行数になって最高です。
10月の1日平均乗車数は59.5人でした。

なお、回数券の利用割合は約45%、販売数は51冊で先月と同じでした。
これから寒い季節に向かいますが健康に留意して元気に外出できるよう心掛けてください。 
目標とする100人/日 に向けてこれからもご協力をお願いします。

9月の利用状況


日別の乗車数で見ると3連休の前後で乗車数が増加している様子がわかります。
これは「こすずめバス」が唯一の足となっている方がバス運休日の前後に集中して用事を済ませているものと思われます。
また運転手さんの話によると、乗客は僅かずつではあるが増加しつつあり、横浜医療センターを経由したことも功を奏し、当停留所の利用客も少しずつ増えているとのことです。
参考までに最近の利用状況を表にして掲載しましたのでご覧ください。

なお、9月の回数券の利用割合は約39%、販売数は39冊でした。
目標とする100人/日 に向けてこれからもご協力をお願いします

122 views
こすずめ町内会

地縁法人小雀町内会
横浜市戸塚区小雀町1193