町内会長より挨拶

2018年01月07日

新年あけましておめでとうございます。

小雀町内会長 福井和巳

新年あけましておめでとうございます。
昨年は、いろいろご協力を頂きありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

元旦の朝といっても、午前0時過ぎ小雀五霊神社へ行き、初詣、五穀豊穣というより、町内ますますの発展を祈念しました。

境内中央に掘られた大きな穴で焚かれる火で暖を取り、お神酒と甘酒を頂き、神社の世話の方へ新年の挨拶を交わし、一旦帰宅。

そして7時前、通称「大塚」(公文国際学園の上)へ行き、鎌倉アルプス左側から昇る輝く初日の出を見た後、踵を返したところで冠雪している霊峰富士を仰ぎ、改めて1年間の無事を祈念して帰宅しました。

1年間無事を祈念しながらも、昨年暮れの京都清水寺貫主の書いた漢字1文字が「北」でしたが、北朝鮮が大陸間弾道弾を発射。

誰もが望む世界平和でありますが、その実現がいかにむずかしいことか目のあたりにしています。

こうした国際問題や国政等の問題はさておき。

小雀町内会は、本年も前年に引き続き町内の安全、安心な街づくりを基として、より住みやすい町づくりを目指し取り組んで参りますが、一人でも多くの方が、町内会へ入会されるよう皆さんのご協力をお願い申し上げます。

ここに町内会の取り組み等について表し、この取り組みについて皆さんから積極的に意見等をお寄せ頂くようお願い致します。

1.各種開催の行事について

さわやか運動、レクリエーション大会、賀詞交換会などの行事を開催しています。
また、町内会が後援する小雀五霊社のお祭り、納涼盆踊り等多くの行事を開催します。
こうした行事は、一人でも多くの方の参加が何にも増して望まれます。
しかしながら、近頃は祭りに欠かせないお囃子の参加や、神輿を担ぐ人が減少してきているそうです。
催し物は多くの方の参加があって盛り上がるものです。
誰かがやってくれるだろうではなく、皆さんの積極的な参加が欲しいのです。
多くの方の参加に向けての提案をお願いします。

2.町内で行われる公共工事等について

町内に関わる公共工事で、現在町内を通る横浜湘南道路が進められています。
隣町田谷の田んぼには橋脚が林立してきているなど進捗の状況を容易に目にすることができるようになりました。
また、栄インターチェンジから小雀小学校北側を通り、原宿の吹上に至る有料道路計画があります。
これらの工事については、事前説明会を適宜開くよう所管の部局に求めており、説明会開催は「小雀だより」を通じお知らせします。
その際は、出席してより良い道路建設に向けて意見や質問をして下さい。

3.災害対策について

昨年も日本各地で台風による風水害や地震による大きな自然災害に見舞われました。
こうした自然災害を避けることはできません。
町内には急傾斜地危険地区があり、大雨警報が発令されると避難勧告が出る地域が2ヵ所あります。
また、短時間の集中豪雨でも浸水する地域が町内にあります。
この「小雀だより」も自然災害への事前の備えの大切さを取り上げていますが、早めの避難にあわせ、普段から減災への備えに努めましょう。
こうした自然災害に対し、その時の備えは小雀小学校に設置の備蓄庫および同校体育館へ用意しています。
毎年実施している防災訓練を通して、保管している品物や、その量を確認し、併せて参加した時の感想や意見を寄せて下さい。

4.「小雀だより」へ投稿を

「小雀だより」は、町内を中心にして周辺で企画されているイベント等をできる限りのお知らせに努めていますが、これらに参加しての感想等をお寄せ下さい。
次の様なことを見たり聞いたりした時も投稿して下さい。

①身近なところであった心が和むようなできごと
・バスで席を譲ってくれるところを見た、体験した
・自宅周辺を掃除する姿を数多く目にした

②各種行事に参加しての感想
・様々なイベント(健康ライフ、小雀囲碁、施設見学、趣味に関わる講座等)に参加した時の感想

③その他お気付きの事柄があれば何でも結構です。

会員皆さんからの意見や投稿は、メモ書きやFAX等でお願いします。