小雀町内会長よりご挨拶

2020年01月13日

新年あけましておめでとうございます。

あざやかな初日の出を拝むことをできませんでしたが、大変穏やかな新年を迎えることができました。

まずは町内のこの1年の安全・安心を祈念致します。

昨年は町内の皆さんのご協力に感謝申し上げるとともに、本年も変わらぬご協力を賜りますようお願い申し上げます。

昨年は、平成から令和へと時代が移り、大嘗祭が営まれ、大きな節目の年でした。

そして、戸塚区は区制80周年記念の年で区民祭りを中心とした様々な行事が展開され、例年を上回る活況を呈しました。

また、町内では小雀小学校が創立50周年を迎えた記念の年でもありました。

そうした中、町内の皆さんの篤いご協力を頂きまして、様々な行事をつつがなく実施することができました。

町内会は、本年も「安全・安心な町づくりに加え、活気ある町づくり」に向けて取り組んで参りますが、7月から始まるオリンピック、8月からはパラリンピックが開催されます。

昨年のラグビーワールドカップ以上の感動を得られるものと大いに期待し、国内はもとより世界中が大きく湧くことになると思います。

本年の町内会は、恒例となっている各種行事は引き続き粛々と取り組んで参りますので、皆さんにはこれらの行事に積極的に参加されますよう、併せまして、行事開催では各組理事の協力はもとより、消防団、交通安全協議会、町内会推薦の各種委員、そして町内各種スポーツ・文化団体の協力無しで実施することはできません。

今までの協力に深く感謝するとともに、本年も引き続いてご協力の程よろしくお願い申し上げます。

年頭にあたり、前述の協力のお願いに加えまして、町内会が抱える不安、問題点を掲げさせて頂きます。

(1)災害ばかりは、いつ、どこで、どんな形で発生するかはわかりません。
30年以内には70%の確率で発生すると言われている大震災、近年の大きな台風等による水害では規定概念を超える災害を目の当たりにしています。

このような災害に対し、町内も小雀小学校災害対策委員会を設け訓練を行い、対策に取り組んでいますが、その備蓄量も限られていて極めて微力です。
一部地域で発生した災害であれば対応できる程度であることを知っておいてください。
発災時は、
・まず自らの身の安全を第一に行動すること
・普段から備蓄を心掛けておくこと
・各組を中心にした隣近所の家族状況等を知るなど近所の絆を育んでおくこと
など、努めておいて頂きたいと思います。

(2)町内全域にわたる事項ではないのですが、前年から引き続いて取り組んでいる小雀バスの存続についての協力のお願いです。

(3)役員等の推薦をお願いします。
町内会では、役員は現在会長以下21名により毎月1日(ついたち)町内会館に集まり、年間の予算、各種行事や皆さんからの意見等をもとに協議の上、提案しています。
この役員になって頂ける方を求めます。
自薦、他薦問わす適任と思われる方の推薦をお願いします。