猫の餌やりについて

2021年01月10日

先般、町内会員から、猫の餌やりをやめてほしいとの要望がありました。

横浜市では『猫の適正飼育ガイドライン』があり、一概にエサやりの禁止はできませんが、ガイドラインには【屋外で暮らす猫は、糞尿や鳴き声などによりトラブルの原
因になりやすいため、世話をする場合には注意が必要です。

エサの与え方などを適切に行わなければ、周りの方に迷惑がかかります。

周りの人のことも考えながら世話をすることが大切です。(抜粋)】とあります。

エサは絶対に放置しないでください!

餌の放置は悪臭や害虫の発生や付近を不衛生にするほか、他の野生動物への悪影響もあります。

猫の飼育は「地域の中で、飼い主のいない猫との関わり方に一定のルールを決める」ことがポイントで、ルールは猫が暮らすエリア内で、猫に関係する人が共有し、守ることができる内容である事が大切です。

ガイドラインには最低限のルールについての記載もあります。

戸塚区に問い合わせたところ、猫のトラブルは生活衛生課環境衛生係で相談ができるとのことです。

苦情だけでなく、猫との関りが異なる住民同士のコミュニケーションの場や実情に合わせた解決への取り組み(地域猫活動等)を相談することもできます。

横浜市の『猫の適正飼育ガイドライン』も参考にしてください。