定時総会の開催について

2021年03月14日

定時総会は、会則で理事出席のもとで開催することになっていますが、新年度を迎える令和3年度も新型コロナウィルス感染症対策の見通しが立っていない状況から、前年に引き続き書面による採決にします。

従って、4月の定時総会は書面評決から、予算書等の承認は5月定例会以降となることをご了承いただくとともに、ご協力をお願い申し上げます。

令和2年度は、このコロナ禍から毎月開催の定例理事会はもとより、予定した各種諸行事がことごとく中止のやむなきに至ってしましました。

そのため諸行事中止によって生じた予算については、町内会館の設備や備品、その他感染症対策物品の購入などに充てました。

新年度予算は、前述の経緯から前年度繰り越しとなる予算を踏まえ、次のような考えを基に臨みます。

①一般会員の年会費を4,5月分は免除しとし、残りの10ヵ月分を納入願います。

②「さわやか運動」は、新年度早々の行事日程から先送りとし、このコロナ禍の収束状況により、秋季に行うことも考慮して進めたいと考えています。

③その他諸行事・「小雀だより」の毎月発行・防災拠点訓練・町内レクリエーション大会・町内街歩き・賀詞交換会等については一昨年を基に開催して参りたいと考えます。

また、新年度は役員任期2年の最終年次に当たり、役員の入れ替えもあることから開催したいところですが、新旧役員の紹介はおって「小雀だより」の紙面で順次行います。