お知らせ, 小雀だより

地域防災の知識 その6

震度5強の地震の発生があった時、住民組織である地域防災拠点運営委員会が主となって防災拠点(避難所)を開設することとなっています。
他方、洪水浸水等に対する避難所の開設は、行政が必要な地区で自ら行います。
この洪水浸水ですが、ハザードマップに拠りますと、小雀町でも一部の地域で相当量の降雨に伴う浸水危険が想定されています。 
柏尾川が洪水の元となる訳ですが、その水位の現状を現在進行形で確認出来ます。
横浜市のホームページでも「横浜市河川」から入ると簡単に「河川水位情報」に入れます。
柏尾川は境川水系ですので、その中の「元町橋(矢部町)」と「鷹匠橋(笠間3丁目)」の定点カメラ映像が確認対象になると思います。
なお、浸水は洪水だけではなく、地域での降雨が排水能力を超えた時に生ずる内水浸水もあり、これは別のハザードマップとなって示されています。
浸水ハザードマップ(洪水および内水)は小雀町内会ホームページからもご確認頂けます。

103 views
こすずめ町内会

地縁法人小雀町内会
横浜市戸塚区小雀町1193