お知らせ, 小雀だより

小雀バスより

11月の利用状況


先月の利用状況は上の表の通りです。
乗車数も先月とほぼ同様で最多で72人、最少が49人でした。
11月の1日あたりの平均は59.4人でこれも先月と変わりませんでした。
皆様のお陰で最近の1日の平均乗車数がほぼ60人になっていす。
これから寒い季節になりますが、「こすずめ号」を存続させるためにも是非ご利用の程お願い致します。

私たちの足としての「小雀バス」、みんなさんの利用こそが存続への大きな力となります‼

なお、11月の回数券の利用割合は約45%、販売数は48冊でした。

協賛金へのご協力をお願いします。

小雀バスは運行開始時点から利用者数が伸び悩んでいるためバス会社への負担が大きくかかっていました。
この状態を解消すべく、運賃の値上げや数度に亘る運行本数の減便、運行経路の見直しなどを行ってきました。
しかし、現在でも会社の負担額は毎月30万円を越えています。(目標の100人/日でほぼ収支が均衡します) 小雀バスは利用している人達にとっては大切な交通手段です。
廃止されてしまうと生活がとても困難になってしいます。
何とかして存続していかなければならないのです。
そこで小雀町内会(小雀西地区交通対策委員会)では、令和3年度から小雀バスの運行を応援してくださる方々を募り、寄付していただいた協賛金を基にバス運行会社「㈱ 共同」を支援していく取り組みをしています。
取り組み2期目にあたる令和5年度の協賛金は以下のように使わせて頂いています。(ご協力くださった方々へは年度末に報告させて頂きます。)
以上のことから、今後も「㈱共同」を支援していかなければなりません。
是非、皆様からの暖かい応援をお願いします。
賛同くださる方は、町内会から配布される書類に必要事項を記入の上、ご提出ください。
よろしくお願いします。

小雀バス運行支援協賛金執行状況 (令和5年度分)

・収入
法人・企業等   ¥1,612,000-
一般会員  ¥ 271,000
前年度繰越金 ¥ 6,069
計         ¥1,889,069

・支出(9月末まで)
但し; 謝礼金・回数券負担金・事務費・車体ラッピング・回数券印刷代
計           ¥ 241,050

・年度末までの支出予定額
回数券負担金    ¥120,000

・その他  大船駅東口バス停屋根&ベンチ検討中

※年度末で生じた残額は、一部次年度へ繰り越し,残りはバス運行会社「(株)共同」の赤字補填とさせていただきます。
(現在のバス1台・運転士1名体制では、利用平均約100名/日が収入均衡となります)

※協賛金にご協力いただいた方々には、年度末(R6年3月)以降に再度ご報告させていただきます。

小雀西地区交通対策委員会 委員長 團野勝美  委員 福井和巳 大山敏

73 views
こすずめ町内会

地縁法人小雀町内会
横浜市戸塚区小雀町1193